屋根に使われる素材:屋根に不安と不満のある方は屋根の専門家・日本屋根診断士協会の屋根診断士にご相談ください。

一般社団法人 日本屋根診断士協会

お電話、またはフォームからお問合せくださいお電話でお問合せお電話でお問合せ お問合せはこちらから

屋根に使われる素材

その土地や時代、文化圏で様々なものが使われています。
現在の日本では、下記のような素材が主に使用されています。

①陶器瓦

  • 平型

  • 和型

② セメント瓦

③ カラーベスト

④ アスファルトシングル

⑤ 瓦棒

⑥ 金属:断熱材付き

  • 段葺き

  • 和型

⑦ 金属:断熱材なし

各素材の長所と短所

性能
種類
防水性 断熱性 耐衝撃性 通気性 遮音性 軽量性 耐候性
(色)
葺き替え
の目安
①陶器瓦 35年
②セメント瓦 25年
③カラーベスト 20年
④アスファルトシングル 20年
⑤瓦棒 25年
⑥金属:断熱材付き 25年
⑦金属:断熱材なし 25年
お問合せはこちら
屋根の簡単チェックシート
このページトップへ